フルメタル・パニック!(フルメタ)をアニポで視聴するのはやめておきましょう!ロボットSF好きにも非常におすすめの作品です♪

【この記事を書いた人】
 かすみ

フルメタル・パニック!(フルメタ)をアニポで観るのはやめておいたほうがいいです。

アニポは一度閉鎖して、その後復活しましたが、政府の要請等により危険サイトとしてアクセス遮断(ブロック)されている現状です。

セキュリティ面でも危険なのでアクセスしない方が良いです。

より詳しくは下記の記事をご覧ください。

【関連記事】

アニポ(anipo)が復活したけど危険過ぎるので代わりのサービスを紹介!

フルメタル・パニック!を観るならU-NEXTがおすすめ

フルメタル・パニック!を観るならU-NEXTがおすすめです。

バッチリ全話観られます。しかもアニポ(違法動画サイト)よりずっと高画質・高音質です。

フルメタはロボットSF好きにもミリタリーSF好きにもオススメの名作です♪ あとアニメ版は学園物としても楽しめるかもです。

ちなみにU-NEXTは31日間の無料期間が用意されています。

このあいだにフルメタを全て観て、無料期間中に解約したら1円も掛かりません。

さらに無料登録するだけで600円分の無料ポイントがもらえるので、好きな漫画(電子書籍)も1冊購入することができます。もちろん、そのあとに解約しても全く問題ありません。

もちろんU-NEXT自体はおすすめのサービスですし、無料期間後もそのまま有料会員として利用し続けるのもアリです(私は有料会員になっています)。

U-NEXTは有料会員になった場合、毎月1,200円分の無料ポイントがもらえるので、私は毎月2~3冊の漫画(電子書籍)を購入したりしています。

フルメタ以外にも数多くの作品が見放題ですし、一番おすすめのサービスです。

U-NEXTの公式サイト

U-NEXTについてより詳しくは下記の記事もご覧ください。

【関連記事】

アニポの代わりとなる合法サービスを紹介

アニメ『フルメタル・パニック!』のあらすじ

物語は、都立陣代高校に、ある男子生徒が編入してくることから始まります。

男子生徒の名前は“相良宗介”。

一見すると普通の男子高校生の彼ですが、実は彼には大きな秘密と、この編入に伴う“ある任務”がありました。

実は彼は、対テロ軍事武装組織であるミスリルに所属する最年少エージェント。

この編入も、ただの高校生としての編入ではなく、“ウィスパード”と呼ばれる、現代には存在せず、現代では知りえない知識――ブラックテクノロジーを宿す少女、千鳥かなめの護衛任務のための編入だったのです。

しかし、幼い頃から戦場で育っていた宗介には日常生活に関する常識がなく、逆に護衛対象であるかなめに迷惑をかけ、振り回してしまうことに。

しかし二人は、そんな生活の中でも徐々に打ち解けていきますが、ミスリルがかなめを狙う組織の基地を壊滅させたことで、宗介の任務が終了。

宗介は修学旅行を最後に任務を解かれ、陣代高校から去ることになります。

しかし、そんな修学旅行の中で大事件が。

なんと、学年全員が乗る飛行機が、要を狙う組織によってハイジャックされてしまうのです。

単独で飛行機を脱出した宗介は、ミスリルの救援を待ちつつ事態の収束を図るのですが、飛行機の中から聞こえてきた銃声に、ただ一人で飛行機の中に突入してしまい……。

アニメ『フルメタル・パニック!』の見所

最近はあまり見なくなってしまった、「リアルな世界観の中に、一つだけ超技術を埋め込んだ系のSF」といった感じの世界観が最大の魅力です。

『ガンダム』のような明らかな別世界でもなければ、『銀河英雄伝説』のような遠い未来の話というわけではないため、現実と地続きになっている「あり得そう」な世界観とストーリー展開を楽しめるのは、他の作品にはない魅力だと言えるでしょう。

また、ロボットSF作品によくある「ロボット同士のガチンコ戦」のクオリティもかなりのハイクオリティ。

流石に最新鋭の「やたらぬるぬる動くCG」レベルとはいきませんが、むしろ「アニメらしい動きと、アニメらしいカット割り」が髄所に見られ、「アニメを楽しみたい!」という層からすると、最近の作品よりも満足感の高い仕上がりかもしれません。

原作はミリタリー要素が強く、ヘビーな印象を受けやすい作品ですが、アニメ版はむしろ「学園もの」の印象が強く、手軽に見て楽しむことができるのも、大きな魅力の一つ。

ロボットSF好きはもとより、軽い学園ものや、単純なバトルものを見たい方にもオススメできる、非常に間口の広い作品になっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
補足

※当ブログの情報は時点のものです。U-NEXTdアニメストアHuluなどに関する最新の配信情報は、それぞれの公式サイトにてご確認ください。