【注意】弱虫ペダルはアニポで観ないほうがいいです!そして何度も燃えて萌えて泣ける神アニメです。

【この記事を書いた人】
 かすみ

弱虫ペダルはアニポでは観ない方が良いです。

アニポは一度閉鎖して、その後復活しましたが、政府の要請等により危険サイトとしてアクセス遮断(ブロック)されている現状です。

セキュリティ面でも危険なのでアクセスしない方が良いです。

より詳しくは下記の記事をご覧ください。

【関連記事】

アニポ(anipo)が復活したけど危険過ぎるので代わりのサービスを紹介!

弱虫ペダルを観るならU-NEXTがおすすめ

弱虫ペダルを観るならU-NEXTがおすすめです。

バッチリ全期・全話観られます。新作ストーリーの劇場版も観られます。しかもアニポ(違法動画サイト)よりずっと高画質・高音質です。

弱虫ペダルは作画やレース時の動きなどもめちゃくちゃ良いのですが、BGMもめちゃくちゃ良いんですよね……。私はサウンドトラックを購入しました笑 

なのでやはり高画質・高音質で観て欲しいです。あとそのほうがキャラにも萌えます!!!!(そして試合展開にも燃えます)

あと弱虫ペダルは全話合わせるとボリュームがあるのでアニポだと所々消えていたりします。その上で読み込みも重かったりします。そのためやはりU-NEXTなどのほうが圧倒的に観やすいですね(全話揃っていて読み込みも一瞬なので)。

ちなみにU-NEXTは31日間の無料期間が用意されています。

このあいだに弱虫ペダルを全て観て、無料期間中に解約したら1円も掛かりません。弱虫ペダル自体は全話合わせると結構ボリュームがあるのですが、頑張ったら1ヶ月以内に全シリーズ観られるかもしれません(多分……)まあ、1ヶ月間あれば特に人気が高くめちゃくちゃ面白い1期・2期は全部観られると思います。

さらに無料登録するだけで600円分の無料ポイントがもらえるので、(弱虫ペダルを含めて)好きな漫画(電子書籍)も1冊購入することができます。もちろん、そのあとに解約しても全く問題ありません。

もちろんU-NEXT自体はおすすめのサービスですし、無料期間後もそのまま有料会員として利用し続けるのもアリです(私は有料会員になっています)。

U-NEXTは有料会員になった場合、毎月1,200円分の無料ポイントがもらえるので、私は毎月2~3冊の漫画(電子書籍)を購入したりしています。

弱虫ペダル以外にも数多くの作品が見放題ですし、一番おすすめのサービスです。

U-NEXTの公式サイト

U-NEXTについてより詳しくは下記の記事もご覧ください。

【関連記事】

アニポの代わりとなる合法サービスを紹介

アニメ『弱虫ペダル』のあらすじ

物語の主人公は、千葉県立総北高校の新入生・小野田坂道(おのださかみち)。

彼はアニメやゲームを愛する典型的なオタク少年であり、中学時代にはオタク友達に恵まれない日々を送っていました。

高校ではオタク友達を作ろうと、意気揚々とアニメ・マンガ研究部に入部しようとする坂道でしたが、なんとアニメ・マンガ研究部は部員数の減少に伴い活動休止中。

ならばと部員を募る坂道でしたが、結局部員は集まらず、途方に暮れてしまいます。

そんな坂道に声をかけたのは、同級生の今泉俊輔(いまいずみしゅんすけ)。

俊輔は坂道に「自転車勝負」を持ち掛けます。そして「坂道が勝ったら、アニ研部に入っても良い」とも。

俊輔が坂道に声をかけたのは、坂道の登校の様子にありました。総北高校裏の坂道は斜度20%以上の激坂。

幼い頃の秋葉原通いで鍛えられていた坂道は、その坂を鼻歌交じりに上っていったのです。自転車競技をしている俊輔からすると、信じられない光景でした。

その勝負を受けた坂道でしたが、あと一歩のところで敗退。

そしてその敗北から数日後、関西から引っ越してきた鳴子章吉(なるこしょうきち)という自転車競技者の少年との出会いによって、坂道は“自転車で速く走る楽しみ”を見出すことになります。

自転車競技に魅せられた坂道は、アニ研への入部を諦めて自転車競技部に入部。彼らの自転車にかける熱い青春物語が、ここに始まることとなるのです!

アニメ『弱虫ペダル』の見所

この作品の見どころは、まずは何といっても熱い青春ストーリーです!

「自転車競技」という、多くの人が知ってはいてもあまり詳しくはない競技を扱っているため、目新しさを重視して見るだけでも十分に楽しめる作品ではあるのですが……

この作品の肝となるのはやはりド直球の青春ストーリー。

二次元オタクで気の小さい坂道が、自転車競技を通じて出会う仲間やライバルとの関わりで成長していくというストーリーは、直球であるからこそ、ストレートに視聴者の心に感動を刻み付けてきます。

あとはやはり登場人物の魅力!!

もう登場人物がみんな本当に魅力的なんですよね♪

主人公(坂道小野田)の脇を固める、チームメイトやライバルたちの強烈さも魅力の一つ。

たとえば強力なライバルの一人である御堂筋翔(みどうすじあきら)くんのインパクト。


(↑)御堂筋くん。『弱虫ペダル』が一部で『妖怪ペダル』とも呼ばれるのは彼の影響も大きいです。もっとも主人公の小野田くんも十分妖怪なのですが。

そして王者、箱根学園の魅力……!!!!

あと先にも少し触れましたが、BGMもめちゃくちゃ良いんですよねー。BGMだけでもご飯何杯でも食べられます。

ともかく、熱い青春ストーリーと、それに伴う人間ドラマ。そして魅力とインパクトのあるキャラクターが特徴の『弱虫ペダル』。

アニメもめちゃくちゃボリュームがあり全て観るには少し時間が掛かりますが、それだけの時間をかけて視聴する価値は間違いなくある作品です。

皆さまも是非、総北高校自転車競技部の、熱い青春物語に足を踏み入れてみてください♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
補足

※当ブログの情報は時点のものです。U-NEXTdアニメストアHuluなどに関する最新の配信情報は、それぞれの公式サイトにてご確認ください。