化物語や偽物語(物語シリーズ)はアニポで観ないほうがいいです!物語シリーズはどれも外れなしの面白さです♪

【この記事を書いた人】
 かすみ

化物語や偽物語(物語シリーズ)はアニポでは観ない方が良いです。

アニポは一度閉鎖して、その後復活しましたが、政府の要請等により危険サイトとしてアクセス遮断(ブロック)されている現状です。

セキュリティ面でも危険なのでアクセスしない方が良いです。

より詳しくは下記の記事をご覧ください。

【関連記事】

アニポ(anipo)が復活したけど危険過ぎるので代わりのサービスを紹介!

化物語や偽物語(物語シリーズ)を観るならU-NEXTがおすすめ

物語シリーズを観るならU-NEXTがおすすめです。

全ての物語シリーズ(化物語、偽物語、猫物語、〈物語〉シリーズ セカンドシーズン、憑物語、終物語、暦物語、傷物語、続・終物語)を全話観られます。

※傷物語のみポイント消費で観られます(他シリーズは全て見放題です)。ポイントは登録時にも貰えますし、毎月貯まります(後述します)。

しかもU-NEXTはアニポ(違法動画サイト)よりずっと高画質・高音質です。

あと物語シリーズは全て合わせると非常に話数が多いですし、アニポだったら話数が欠けている場合もありますからね……

読み込みも遅かったりしてかなりストレスになります(なにせ物語シリーズを追い始めると本当に話数が多いので結構ストレスです)。

U-NEXTなら全シリーズ全話揃っていますし、読み込みも一瞬です。

物語シリーズを追うなら「セキュリティ面」「高画質・高音質」「利便性」、全ての面でU-NEXTのほうがいいです。

ちなみにU-NEXTは31日間の無料期間が用意されています。このあいだに物語シリーズを全て観て、無料期間中に解約したら1円も掛かりません。

正直1ヶ月という期間で全シリーズを全て観られるかはビミョーですが(時間との戦いです!)、理論上は可能かと思います。少なくとも2~3シリーズくらいなら余裕をもって観られるでしょう。

さらに無料登録するだけで600円分の無料ポイントがもらえるので、それを傷物語の購入に充てたり、電子書籍を購入したりすることができます。もちろん、そのあとに解約しても全く問題ありません。

もちろんU-NEXT自体はおすすめのサービスですし、無料期間後もそのまま有料会員として利用し続けるのもアリです(私は有料会員になっています)。

U-NEXTは有料会員になった場合、毎月1,200円分の無料ポイントがもらえるので、やはりそれを傷物語の購入に充てられますし、私でしたら毎月2~3冊の漫画(電子書籍)を購入したりしています。

物語シリーズ以外にも数多くの作品が見放題ですし、一番おすすめのサービスです。

U-NEXTの公式サイト

U-NEXTについてより詳しくは下記の記事もご覧ください。

【関連記事】

アニポの代わりとなる合法サービスを紹介

アニメ『化物語』のあらすじ

物語シリーズの第一弾、化物語のあらすじについて簡単に説明します。

阿良々木暦(あららぎこよみ)、高校3年生。

彼には少し、人と違う異質な部分がありました。

それはある『事件』に基づくものでしたが、彼はそれを「異質」とは思いつつ、特にそれを誇るでも卑下するでもなく、日常を過ごしていました。

『事件』を通じて親しくなったクラス委員長、羽川翼(はねかわつばさ)と共に学校祭準備に取り組んでいた阿良々木は、ひょんなことから病弱なクラスメイトである戦場ヶ原ひたぎ(せんじょうがはらひたぎ)の秘密を知ることに。

『怪異』によって体重を奪われ、平均的な体格でありながら5kgしか体重がないひたぎに対し、阿良々木は問題解決への協力を進言。

怪異の専門家である押野メメ(おしのめめ)の協力を得て、再び『怪異』と出会うひたぎでしたが、その怪異には、ひたぎの抱える「とある事情」が関係しているのでした。

そしてそんな『怪異譚』の中、阿良々木の周囲は再び慌ただしくなっていきます。

アニメ『化物語』の見所

ふわふわり♪ ふわふわる♪

花澤香菜さんの『恋愛サーキュレーション』は有名ですよね。化物語のOPです。

さて、独特の世界観を筆頭に独自の魅力や見どころを持つ『化物語』。

まずはこの作品がアニメーションとして映像化されたことそのものが、素晴らしい事であることは全力で伝えておきたいです…!

原作者は西尾維新氏。ライトノベル好きの方ならその名前だけでピンとくるでしょう。

独特の文体と、文章特有の表現力を持ち味とする大作家です。そう、文章特有の表現力です。

アニメはアニメとしての「絵であること」特有の表現があるように、小説は小説としての「文字であること」特有の表現があります。

その二つをすり合わせることは、並大抵の苦労ではありません。

一度でも原作の『物語シリーズ』を読んだことがある方なら、それを映像化する苦労は想像することができると思います。

そして、そのような作業を経たアニメ版『化物語』は、異常なまでの原作再現度を誇っています。

文章として独特の表現を誇る、いわゆる「西尾節」と、映像としての独特の表現を誇る製作会社「シャフト」が組み合わさることで、シリーズ特有の独特な世界観を見事に演出、表現しています。

現在では「シャフ度」と呼ばれる独特の構図もこの『化物語』から生まれ、シャフト作品の世界観を引き立てるカメラワークとして、現在でも重要な役割を果たしています。


※シャフ度。だんだん見慣れる。

そんな「個性」と「個性」がガッツリはまることで、中毒性すら感じるほどの名作に仕上がったのが、この『化物語』という作品になっています。

独特な描写に最初こそ忌避感を持つ方もいるかもしれませんが、多大な原作リスペクトがそこかしこにうかがえる、紛れもない名作です。

是非一度視聴して、阿良々木暦を中心とする『怪異』の世界に足を踏み入れてみてはいかがでしょうか♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
補足

※当ブログの情報は時点のものです。U-NEXTdアニメストアHuluなどに関する最新の配信情報は、それぞれの公式サイトにてご確認ください。